スリムビューティーハウス札幌店の口コミ!骨盤ダイエットは凄い!雰囲気と施術のレベルも高い

014

スリムビューティーハウスの骨盤ダイエットセルライト集中ケア 80分を体験しました。
事前カウンセリングを含め3時間ほどで終了し、14時にお店を出ました。

事前カウンセリングはウエストなどの採寸をする時間を含めて50分ほどで、エステの体験に来たきっかけや目標、気になる部分や重視する点(体重減か身体のライン重視なのか)などを聞かれました。
施術は4つに分かれており、わたしの場合は「背中のオイルマッサージ」→「ヒートマット」→「セルライトローラー」→「足の空気圧サウナ&骨盤の筋肉運動」の順番でした。

この順番はカウンセリングにより決まるようで、冷えが強い場合は先に体を温めてからセルライトの施術をするとのことでした。オイルマッサージはリラクゼーション系でゴリゴリとリンパを流すのではなく、ゆっくりとハーブの香りのするオイルでゆっくりとほぐしてくれてとても落ち着いた気持ちになります。

ヒートマットは20分ほどで、その後一度シャワーを浴びセルライトローラーケアをしました。このセルライトローラーは掃除機の吸い込みとローラーが一緒になっているようなもので特に気になる太ももを中心に施術してもらったのですが、痛いわけでも気持ち良いわけでもなく、正直効果あるのかなとよくわからなかったです。

最後に足全体をマッサージチェアに座った時のような圧をかけてくれるマシーンと骨盤周りの筋肉を電気により運動させるマシーンを同時に体験しました。足は圧をかけられるのと同時にサウナのように暑さもあったので、足がむくんでいる時には特に気持ち良かったです。

ぎゅーっと絞られるような感じなので、不要な水分が抜けると説明を受けました。
そして一番すごいなと思ったのが、お腹の周りに付けた骨盤の筋肉マシーンだったのですが、これはほかの超音波の筋肉マシーンの感覚とは全く違って、
本当にお腹の中の深い部分の筋肉がドクドクと動く感覚がありました。すべての施術終了後に採寸と計測をしたところ、
体重は-200gだったのですが体脂肪率が3%落ちて筋肉量が1kg増えていたことに驚きました。
ほかの部位の結果はウエストやヒップ、太ももをなどそれぞれ-1cmずつ減っていました。

まず、良かった点としてサロン自体が比較的広く余裕のある造りで清潔感・高級感を感じました。
いつもエステに行くと気になるのが手書きポスターなどのポップやロッカーの狭さとプライバシーの低さでしたが、ここはポスターなどの掲示物はあっても広告として印刷されているものでしたし、ロッカーも広さがありカーテンは無いですがパーティションがありました。

あと施術を受けるのも個室で、ほかのお客様の目線が気になるようなことはなかったのも良かったです。
スタッフの方もみなさん落ち着いた雰囲気で話し方も丁寧です。
カウンセリングの時間も長すぎず短すぎずでちょうどいいと思います。

全体の雰囲気としてはしっかりとしていて、ほぼ気になることはなかったです。強いて言うならお店でかかっている音楽が洋楽がなんとなくお店の雰囲気とは合わないアップテンポのものがかかることがあったこと。もう一つはロッカーに着替えコーナーのように完全に仕切られている一角があればもっと良いと思いました。

勧誘のスタイルは、まず施術前のカウンセリングの時に簡単な料金プランの説明があり分割での月々の目安金額の話がありました。
そして一番最後にもう一度オススメコースの案内を受けました。ここでも分割でのお話でしたが、金額も大きいので一度考えたいと言うとすぐにわかりましたと言われ、そのまますぐにお店を出ました。
今日なら入会金無料ですーと言うような期間限定のお話もなくあっさりと帰ってこれました。

全体的な感想としては高級感もありスタッフの方も丁寧で、落ち着いたちょっとランクの高いエステなのかなと思います。
その分お値段もちょっと割りましですが。。
マシーンもセルライトローラー以外は効果がありそうでここにしか無いのかなと思わせるし、ハンドマッサージも取り入れているのですべてマシーンでされているのでは無い人の手による施術とのバランスが良いと思いました。
100点中90点です。落ち着いた雰囲気でエステに通って、痩身とリラクゼーションを同時に叶えたいと言う方には良いと思います。
カウンセリングの目標設定も適切だと思いました(以前目標体重を165cm45kgと言われたことがありびっくりしましたが、ここでは52kgとわたしの目標値よりも多かったです)。
足に付けた圧がかかるマシーンと、骨盤運動マシーンも効果がありそうなのだったのも高評価です。
体験はお手頃価格ですが、実際に通うことを考えるとほかのサロンより少し費用が高いことで-10点です。

20代OL:札幌市

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る