TBC横浜西口本店の体験口コミレポート!勧誘はあっさりで満足度高い!

010

以前から気になっていた脱毛。気になり始めは20代からだったものの仕事が忙しかったり、
30代は家事と子育てに追われる毎日で、ふと気づけば40代。
しかも40代半ばで、世間一般でいうところのアラフィフ突入年齢になってました。
この年齢からのエステでの脱毛?と自分でも気が引けるところもありましたが、
美容雑誌のキャンペーン欄を見つけて、インターネットで予約をしました。

施術の予約をお願いしたのは、世間的にも認知度の高いTBC。
一度、カウンセリングの予約をしたものの内容を変更したかったので、
指定の番号へ電話をかけると、本当に丁寧な気持ちが良くなる対応をして頂きました。

TBCの脱毛エステは体験をする前に、一度TBCへ行き美容カウンセラーから説明を受けなければなりません。
その時間、およそ40分から50分。
エステ側からは1時間の説明時間を予約で入れてもらうようにお願いされます。

脱毛をするに当たっての準備する点(例えば、毛抜きではなく、
かみそりで脱毛箇所を剃ってきて欲しいなど)、脱毛した後の肌への影響、効果の出始め、
脱毛施術を受けた後の注意点などなど。
その際に、気になること等があれば質問することもできますし、
どんな些細なことでも親身になって応えてくれます。



私が受けたのは、キャンペンの両脇光脱毛でした。こちらは500円(1コイン)で永久的に、
光脱毛を受けられるというコスパでは言うことなしのコース。
それに100円プラスして、両膝下光脱毛1回分をお願いしました。

こんなに安くて(ほぼ1コイン)、色々勧誘されるかなぁというのが心配でしたが、
しつこい勧誘がないどころか勧誘ゼロでした。
正直、どこで利益が出るのだろうかと心配するほど。

横浜西口本店で施術を行いましたが、
駅正面のビルで地下から行けば雨の日も濡れることなく行くことができますし、
駅からそばなので立地でも申し分なしです。

待合室は、白を基調にお洒落にまとめられ、柔らかな音楽に包まれていました。
そこにいるだけで、しかもこれからエステを受けると思うと、
日頃の生活とはかけ離れたゴージャス感が感じられます。
置いてある雑誌も、美容に関するお洒落雑誌でした。

TBCでは、カウンセリングを受けた当日に脱毛の施術は行えないので、
もう一度予約を取り直します。

そして、2度目の来店。受付で予約カードを渡すと、ほとんどノンストレスな待ち時間で部屋に通されました。

小さな3畳ほどのお部屋が壁に仕切られていくつもあり、その中の一つのお部屋に案内されます。
「支度をしてください」と言われたものの、脱毛初心者なのでどうしたらよいのかわからないでいると、
脱毛箇所が出るよう洋服を脱いでくださいとのこと。
脱毛時には下着になり(私の場合は)、毛布をかけてもらいました。
特別なガウンの用意はその時にはありませんでした。

美容部員さんから説明をもう一度受け、光で目を傷めないようにサングラスをもらい、脱毛箇所にジェルをぬって光を当てていきます。
両脇で10分ほど、両膝下で20分ほど。
「痛くないですか?」「大丈夫ですか?」と気遣いしてもらいました。
対応はとても良かったと思います。
施術をしたのが2月初旬だったので、暖房をしていたものの、ジェルを塗ったりするので寒く感じられることはありました。
痛みはほとんどありませんでした。

終了後、「次は2ヵ月後の来店が目安です。ご予約はどうされますか?」と言われ、
2ヵ月後の予定が見えなかったので、電話予約でとることを告げ、私の初光脱毛は終了しました。

ニードル脱毛と違って、光脱毛は効果が見られるまで時間がかかるのが特徴。
3回目くらいから脱毛の実感が感じられますというお話でした。
500円で永久に光脱毛が受けられるキャンペンに参加での脱毛なので、また予約を入れてみようと思います。

エステに行くのが恥ずかしいとか、勧誘が嫌だな~って思う人は多いと思います。
しかし、私の行った横浜西口本店では勧誘はありませんでしたし、むしろあっさりした感じです。

予約の確認をする際に、美容部員の方がなかなか席に戻ってこなかったという、
ちょっとしたハプニングはありましたが、それ以外はコストを考えると十分納得いくかと思います。

初めてエステを体験する方は、キャンペンを利用したりして体験から始めると良いかもしれないですね。

45才、横浜在住の専業主婦の光脱毛体験レポートでした。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る